So-net無料ブログ作成

12月25日 ビーチクリンデーでした

今日はもう今年最後の日曜日ってことでビーチクリン、いつもの様に参加してきました

ゴミの方はソコソコあり、ビーチクリンしたなって感じはありました
161225ビーチクリン00.JPG
161225ビーチクリン01.JPG161225ビーチクリン02.JPG
(EOS70D+EF17-40L-USM)
親方、昨夜かなり飲まれてたのかな? 顔赤いし---(ゴミ袋も持ってないしww)

ともかく一年もあっという間、来年もイイ波にたくさん乗りたいですね^^
161225ビーチクリン04.JPG
(EOS70D+EF17-40L-USM)

それから昨日のサンタサーファーですが、モッサンでは無かったとのことですm(_ _)m

その代わりと言ってはなんですが、ビーチクリンの後、人皆無のビーチでモッサンのシーン撮ったんでUPします
161225ビーチクリン10.JPG
(EOS70D+EF70-300IS-USM)

このロング向きグッドコンデションに入水者は、はじめモッサンとジロウさんのみ!
161225ビーチクリン06.JPG161225ビーチクリン07.JPG
(EOS70D+EF70-300IS-USM)

やっぱモッサンのライディング、見ていて色々参考になることがいっぱい161225ビーチクリン08.JPG
161225ビーチクリン05.JPG161225ビーチクリン09.JPG
(EOS70D+EF70-300IS-USM)
鎌倉方面の波と違い、ノーズライドには難しい平塚の波ながらチーターファイブくらいであれば、モッサンは簡単にメイクしてしまいます

私は、ハングファイブが自分のサーフィンライフのテーマと考えてやってるんですが、始めはとにかくノーズに行くことばかり考えてたんです

しかしこの頃やっとノーズに何とか足がかかるようになってわかったことは、ハングファイブはノーズに行くことより前にとっても大切なことがあるということ。 このモッサンのシーンにそれが凝縮されてます
IMG_5435.JPG

加藤さんがこの後、ショートで合流されたんですが、その加藤さんもさすがNSA選手ということもあり、シッカリそのことが出来ていることがわかります
IMG_5420.JPG

それからもう一つ。ドン深の平塚ではインサイドまで乗ってしまうとすぐボード痛めちゃうんですよね。 そこで次のシーンを
161225ビーチクリン11.JPG
このギリギリのタイミングでのプルアウト。 これが出来ないとボトムが一発でガサガサに、悪くするとショアブレーク喰らって折れちゃうことも---

それをモッサンは毎回正確に、丁寧にキチっとプルアウト出来ている
161225ビーチクリン12.JPG161225ビーチクリン13.JPG

私のサーフィンへの道のり、マスターするまでにはマダマダ時間かかりそうデス
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る