So-net無料ブログ作成

2月 28日 春の日差しのビーチクリンデー

今日は2月ももう最終日曜日ってことでビーチクリン行ってきました

160228ビーチクリン00.JPG
(EOS40D+EF17-40L-USM)
意外にも結構ゴミがたくさんあり、少し長めの収集活動

しかし日差しがとても気持よく、海辺を歩いてるだけでポカポカでイイ感じ^^
160228ビーチクリン01.JPG
(EOS40D+EF17-40L-USM)
袖方面は何故かゴミも少なかった様子かな?

もう季節は完全に春ですね、先週は恒例のこんなイベントも
160223CP+00.JPG
(コンデジ PS S110)
年に一度のカメラの祭典CP+、今年も行ってきましたよ

スマホの普及で一般的なコンデジは市場が一気にしぼんでしまった感ありますが、スマホから入ってマニアになる方も多いのか、会場の熱気は全く変わらず、衰え知らずの様相でした
160223CP+01.JPG
(コンデジ PS S110)

いよいよもう3月、スポーツシーズンももうすぐ幕開け、お尻の調子もすこぶる順調だし、私もこれからよりアクティブに活動したいと思います

今日は春の日差しの中でのビーチクリンでした
160228ビーチクリン02.JPG
(EOS40D+EF17-40L-USM)

ところで私事ですが、このたびNEWボード、ゲットしちゃいました^^

ジャ~ン
160226NEWボード21.JPG
(EOS40D+EF17-40L-USM)
川南活さんシェイプのノーズライダー デス

120%ハンドシェイプを謳う活さんのボードなんで、色々細かいカスタムオーダが可能! で、私がカスタムした項目は、
「長さ 9’6、色 オレンジ」 以上デス^^;
だってシロウトの私が、色々注文してもかえって悪い方向に行く可能性大きいですモンww

で、早速出来上がったボードのスペックをチェック
160226NEWボード22.JPG
(EOS40D+EF17-40L-USM)
レールはテールエンドまで50/50の典型的クラッシックノーズライダー。 ロッカーは テールはキック仕様、しかしノーズにもソコソコにロッカーがつけてある感じ

9’5のオールラウンドDTカスタムボードと比べるとこんな感じ
160227NEWボード22.JPG
(EOS40D+EF17-40L-USM)
長さもしかりですが、厚みがあってかなりのボリューム、因みに重さは10Kgほどもあります

ボトムのコンケープは
160226NEWボード24.JPG
(EOS40D+EF17-40L-USM)
エ~! まさかのノンコンケープ 何とテールに向かっても最後まで全くのフラットボトム!!!

これはさすがにビックリ。 コンケープもVボトムも施して無いなんて、ホントにこれで上手くノーズでコントロール出来るのかな? 心配だったんで、今日のビーチクリンでモッサンに聞いたところ「そこがハングファイブさん仕様なんですよ」との答え

まあ、私の所有ボードでノンコンケープは一枚も無し。 過去思い出しても大昔、スクールでモッサンに借りたベルジーくらいしか思い浮かばない。 塗料が完全に乾くまで三週間は寝かせておいて、とのことなんですが、もう試してみたくてウズウズ、早く過ぎてよサンシュウカン!
160227NEWボード21.JPG
(EOS40D+EF17-40L-USM)

オマケ

忘れとりましたが、もう一つだけカスタムしたことが

160226NEWボード25.JPG 
(EOS40D+EF17-40L-USM)
そう、サインです 「ハングファイブ フォーエバー」 永遠にハングファイブを目指してサーフィンライフをおくる気持ちで活さんにお願いしましたww

更にオマケ

こんなボードもかなり前にゲットしてたんですが、パッドとシール貼っただけでまだ浸水してないまま。 風波やロングではゲット出来ない時のサブボードとして手に入れたつもりですが、先ずはハングファイブをマスターしてから^^;
160227NEWボード24.JPG

我がサーフィンライフの道のりはまだまだ長そう----。

2月 21日 今日は波あります^^

今朝はいつもどおりTBSのスポーツ見てからの波チェック

因みに昨日の朝は
160220曙01.JPG
(EOS70D+EF17-40L-USM)
キレイな朝焼けながら、ド・フラット。 朝焼けの日はたいがい雨ってことでこの後大雨でした

そして今朝は
160221OGi20.JPG
(EOS70D+EF17-40L-USM)
昨日とは打って変わっての晴天、そしてそして、待望のブレークとなっとりましたよ^^

ではでは久方ぶりに「シーン」行きます^^
160221OGi05.JPG
160221OGi01.JPG160221OGi02.JPG160221OGi08.JPG160221OGi04.JPG160221OGi06.JPG160221OGi13.JPG
(EOS70D+EF100-400L-IS-USM)

東からのカレントがキツそうで、ロングのメンバーは少数でしたね
160221OGi03.JPG
(EOS70D+EF17-40L-USM)

こういう時、必ず居る人と言えば
160221OGi07.JPG160221OGi09.JPG
(EOS70D+EF17-40L-USM)
そう、岩井さん。 ロングは滝田さんなど上級メンバー中心に4~5名入水されてましたが、強いカレントと東風で特にサーフッテック系の方々は「ただ東へ流されるだけだよ」って嘆いておられました。  
それにしてもああ、早く私もエントリーしたいなぁ

で私、手術の方は至って順調

病院は茅ヶ崎の寒◯病院というところ。病棟はナント全室個室ということで
16021400.JPG
(コンデジ PS S110)
プライバシーが守られ、室内に水洗トイレもあったんで、快適な一週間でした。 PC等も持ち込めたんで、当然会社の仕事や仕事関係の書物で勉強したり、真面目ひとすじに過ごしとりましたよ
16021401.JPG
(コンデジ PS S110) ホントだってば

何よりも安心だったのは執刀医の先生が、ナント「生コン」サーフメンバー、SUPのI先生だったんです。 いつもは温厚で遠慮がち、の~んびり風のI先生。しかし、その道ではかなりの方とのことで感心しましたよ

入院前、色んな方から「痔の切除手術は、頚椎麻酔だから術中は痛くないけど、術後麻酔が覚め時が地獄だぞ、俺なんか痛すぎて最後はモルヒネ打ってもらったよ」とか、「それでなくても患部が痛いのに、手術で肛門が小さくならないように毎日、ペンチの先が漏斗のようになった治療具で肛門をこじ開けられて拷問そのものだぞ」とか脅されまくってビビってましたが、そんなことはホント一切ありません。 昔に比べて医療技術は格段に進歩してました。 まぁそれに加えてI先生が「名医」だからだと思います

ってことで、私もナルったけ早急にサーフィン復帰果たしたいと思います。 今日はイイ波来ている「生コン」ポイントです

オマケ

カレントと東風厳しい中でもこの人が、やはり目立っとりました
160221OGi10.JPG
(EOS70D+EF100-400L-IS-USM) そう、ヒロミチさん

いつもながらの派手なアクションで、しかもインサイドまで波を最後まで乗り切って
160221OGi12.JPG
 160221OGi11.JPG
(EOS70D+EF100-400L-IS-USM)
乗り終わるとスグ、パドリングポイントまで戻ってたちまちラインへ復帰。これを何度も何度も繰り返しておられました。 いつもながら驚異の体力! ホント大いに励みにナリマスm(_ _)m

2月 7日 自慢話ではありません

今日はTBSスポーツ見てから、----痛恨の波チェックのみ

波は
160507朝波チェック00.JPG
(EOS40D+EF17-40L-USM)
湖状態。 まぁサーフィン出来るような状態じゃないんではありますが

では、何故痛恨かと申しますと私、”明日から手術・及び一週間入院”の予定

そして、退院後も1.5ヶ月間は運動控えるようにとのことなんで是非とも今日は入水しときたかったんですけどね。 ビデオも買ってフォームの欠点も明らかになり、矯正済ませてからの入院・リハビリといきたかったんですけど----。
病気の方は何ら心配いらない、日本人の三人に一人は患ってるというアレ。 まぁ手術しなきゃならんとこまでほっといたのは反省すべきですが---(念の為手術名を英語で書くと ダッコウコンチセツジョシュジュツ とナリマス)
しかし実際色んなことが出来なくなり、まず2月から3月前半に入っていたゴルフを全てキャンセル(T T)。 で、船釣りもしばらくダメそうだったんで、昨日土曜は船を仕立てて剣崎へ

この時期は小ぶりなマダイとイナダがターゲット

で、スタートは皆、予定通りイナダがヒット
060206剣崎.JPG
(コンデジ μTough-6020)

しかし私に明らかにイナダと違う半端ないアタリが。 スゴイ走り、細い3号のハリスだったんでリールの逆転繰り返しながらやっと上がってきたのはナント

3.5Kgのヒラマサ!
160206剣崎ヒラマサ.JPG
(コンデジ μTough-6020)
このヒラマサ、一時は幻の魚と言われたほどレアで昨今は養殖技術進んでそれほどでもなくなりましたが、剣崎で野生のヒラマサを見るのは大変珍しいと船頭さんが一番興奮しとりました

持ってきた30Lクーラーに収まらない大きさww
160206ケンザキ平政.JPG
(コンデジ μTough-6020)

しかし、驚きはこれだけでは収まりませんでした。 ナント次のアタリはもっと強烈!

で、こちらも先ほど以上に時間かけて上がってきたのは

さっきのヒラマサが下敷きになって隠れてしまうくらい、丸々太った5Kg弱のワラサでした
160206剣崎ワラサ.JPG
(コンデジ μTough-6020)

後半はこれまたバケツから尻尾がはみ出すくらい大きなアジが大量に
160206剣崎アジ.JPG
(コンデジ μTough-6020)

釣果十分で私は早じまい
160206剣崎釣果.JPG
(コンデジ μTough-6020)

いやいや、これは自慢したいんじゃなくて、もともと1kgくらいのマダイとイナダのおみやげ狙いの釣りで、健康健全に手術・入院を想定してたのが、予想外の大物を細い仕掛けでやり取りすることとなり、病気の状態が最悪に、自宅で患部が爆発という手術直前に、やってはならない状況に

で、今日は痛恨の「波チェックのみ」ってな事態に追い込まれてしまった次第デス

本来なら今年の初船釣りが、ヒラマサと大ワラサでスタートなんてこんな幸先良い話はないんですけどね

まぁしばらくの間はフォトオンリーのブログとなりそうですが、その分しっかりイイ写真シーン載せるつもりですから皆さん期待してください

ってことで、今日は痛恨の波チェックのみのハングファイブです^^;

オマケ
本来もうワラサの時期は終わってるんですが、今年は色々異変あるみたいですね、ちなみにこの時期のワラサ、脂の乗りはブリいやブリ以上

まずオサシミ
160507朝波チェック02.JPG
(コンデジ PS S110)
釣りたては身がしっかりしてシャキシャキなのに脂がコッテリ

カマもハシで触れると脂が染み出して半端ない柔らかさ
160507朝波チェック03.JPG
(コンデジ PS S110)

残り身は茶漬け。 と言ってもただ熱湯を注ぐだけなんですが
160507朝波チェック04.JPG
(コンデジ PS S110)

まるでダシをかけたみたいな旨味と脂が口のなかに広がります
160507朝波チェック05.JPG
(コンデジ PS S110)

いえいえ、これは決して自慢なんかじゃなくって、もうワラサは釣期が終わったと思ってる釣り好きの皆さんに、まだまだ狙えますよって言うメッセージですから

で、昨日の私の釣果は剣崎の「浜鈴丸」さんのブログに堂々乗っておりますので、ご興味ある方は検索を!
(---って結局全て自慢話デスm(_ _)m)
メッセージを送る