So-net無料ブログ作成

カリフォルニアサーフィン3・夢のようなロングボード天国でした(Surfing report in California No.3) 

さて今回のカリフォルニアサーフィンでメインイベントとも言える、前から一度訪れてみたかったこの場所に念願叶って訪問してきましたので報告します

その前に先ず我々ロングボーダーにとって海外遠征で困ることはあの3m近いロングボードを如何にポイントに持ち込むかということですよね。 ワイキキみたいな恵まれた環境にあるならレンタルボードに事欠くことはありませんが、今回の様な郊外にある聖地のような所ではビーチでレンタルボードを求めることはほぼ不可能。
そこで今回は日本人でカリフォルニアのサーフガイド及び宿泊施設を営んでおられる「BSTサーフガイドhttp://bstsurfguide.com/」さんにお願いすることにしちゃいました

朝、ホテルのロビーで待ってるとオーナーのまりいさんがレンタルボードを積んで車で迎えに来てくれます
160924サンオノフレ00.JPG
ボーダーを着ておられるのが、まりいさん。 カリフォルニアやサンディエゴのポイントを知り尽くしておられて、ローカル各位とも顔なじみ

ついにやってきましたよ^^
160924サンオノフレ01.JPG 

そして今回訪れたポイントは「サン・オノフレ」デス
160924サンオノフレ06.JPG
160924サンオノフレ11.JPG
私、以前よりHarbourサーフボードのSAN-Oモデルというのを使い続けてるんですが、以前、LAに赴任経験もある会社のサーフィン仲間が私のボードを見て話してくれたこのサンオノフレビーチの話が頭から離れず、ホントいつか行ってみたいとずっと考えていたんです

さて実際ここはその想像を超えて素晴らしいロングボード天国でしたよ、先ずはシーンを
160924サンオノフレ05.JPG160924サンオノフレ10.JPG
160924サンオノフレ09.JPG160924サンオノフレ03.JPG160924サンオノフレ17.JPG
見てくださいこのスタイリッシュなノーズライドの数々を

リバースステップバックとか
160924サンオノフレ18.JPG

フィンレスでグルグル回るスタイルがまたカッコイイ
160924サンオノフレ02.JPG

シェアライド
160924サンオノフレ04.JPG
「へィ!」という言葉の代わりに「フォロー ミー」と声をかけシェアライドする姿がもう異次元でしたね

さて、昼のランチタイムもまりいさんが、近辺の美味しい場所に連れてってくれるので何ら心配なし。 私が、バーガー、ホットドック系は飽きてることを伝えると早速タコスの美味しいお店へ案内してくれました
160924サンオノフレ15.JPG
この大きなプレートいっぱいの料理と飲み放題のドリンクついて何と$7.5

見えづらいかもしれませんが右側に普通サイズのタコスが2枚、真ん中はチリソース味のフライドライス、左側のチーズの下には大量のビーンズが隠れていて、サーフィン三昧で減ったお腹も十分満腹になりました
160924サンオノフレ16.JPG
あ、それから言い忘れてましたが、このまりいさん何と元JPSAのチャンピオンだったとのことで、私ごとき素人サーファーのお相手をして頂けるだけでも大変ありがたい話。上手い人なら色々技術のアドバイスしてもらえると思いますよ。 尚、今日はまりいさんでしたが、場合によりご主人のスティーブさんになるケースが半々とのことですのでその辺りは直接ご確認されれば確実かと思います

さぁ引き続き後半もサン・オノフレに戻ってサーフィン

ところでこのポイントでチョット驚いたこと、それは私も持ってる平塚製ウェットスーツAXXEを着てる方が数名いた事160924サンオノフレ12.JPG
このボード抱えて後ろを向いてる方もその一人で波待ちで、「それ私が住んでる日本の平塚で製造されてるウェットだよ」と話すと「うん、分かってる」と返してくれ、すぐさま目の前の波に乗られると同時にフィンレス独特のアクションをされたんで気になってたら、脱水してみると何とお隣の車の方、しかしそのボードを見て更にビックリ

これがそのボードデス
160924サンオノフレ14.JPG
フィンレスどころか、左右がこんなに非対称!! 私、重いロングボードでさえフィンなしだと不安定でグラグラなのに、こんなアンバランスなボードで、しかも小波に乗ってライドしてたんですから文字通り異次元世界のサーフィンを目の当たりにしましたよ

その後も、親しく話させてもらいました。 写真もOK、OKと大変おおらかな方でした
160924サンオノフレ24.JPG

その他にも船長帽の様なもの被ってサーフィンしている老人サーファー
160924サンオノフレ08.JPG
この方は愛犬を連れてサーフィンに来られており、うちと同じチワワだったんで撫ぜさせてもらったりとアットホームでホントまるで夢の中の世界のような体験させて頂きました160924サンオノフレ23.JPG

この日は、ここでは珍しいという霧が発生して午後もフォギーな状態が続きましたが、皆各々変わらぬスタイリッシュなロングボードスタイルで楽しまれてました
160924サンオノフレ25.JPG160924サンオノフレ22.JPG160924サンオノフレ21.JPG160924サンオノフレ20.JPG160924サンオノフレ26.JPG
私として惜しむらくはこんな優しいスローな波なのに中々波が取れなかったこと。 テイクオフはカンタンそうなんですが上手い人が多くて色んな状況から乗ってこれちゃうんでどれが自分が乗っていい波なのかイマイチよくわからず、もっともっとスキルアップの必要性を強く感じました

しかし、地球の裏側に、こんな異次元なロングボード天国があったなんて今でも夢の世界にいたのではと錯覚するくらい感動的な体験でした160924サンオノフレ28.JPG
160924サンオノフレ27.JPG
もっとスキルアップして是非またこのSAN-Oでサーフィンしたいと強く思ったハングファイブです

以上 カリフォルニア、サン・オノフレビーチ訪問レポートでした

オマケ

SAN-Oの後にハンティントンへ行ったんですが、ここでのリバースステップバックに刺激され、ついハンティントンで実行 で、結果は?
160921ハイティントン11.JPG 
残念ですが勿論撃沈(T T) 日本で一回も出来たことないワザはカリフォルニアでも勿論出来ないことを再認識 全くいらないオマケでしたm(_ _)m 

★本年度(4月~)のライディング日数 37回★

カリフォルニアでサーフィンしてきました2(Surfing report in California No.2) 

では、早速サーフィンの話、先ずはハンティントンビーチから。 本当は2日目にロングの有名ポイントへ行ってるんですがその話は後にとっときます^^;

9月20日 先ずはレンタカーを借りにホテル(アナハイム・プラザホテルアンドスイーツ)を出てカテラのHerzの事務所へ160917ロス旅行08.JPG
今回はコンパクトサイズを借りたんでハワイの時のミニバンに比べ楽勝! かと思いきやこちらのフリーウェイは皆飛ばす飛ばす、何処で乗ればいいのか、どこで降りればいいのかハワイ以上に怖い思いさせられました(T T)

で憧れのハンティントンビーチに到着
160921ハイティントン00.JPG
ここは言わずと知れた「サーフシティUSA」、街を上げてサーフィンを推奨しており、全米ナンバーワンを決める「USチャンピオンシップ」も開催される全米一のサーフィンの街160921ハイティントン02.JPG
USサーフィンチャンピオンシップの歴代優勝者名がハリウッドみたいに道に刻まれてました160921ハイティントン01.JPG

これが有名なビアというやつですよ
160921ハイティントン07.JPG

とにかくビーチの規模がデカイ!、バレーコートを三面並行に作ったうえでマダマダ真っ白なビーチが延々続きます
160921ハイティントン03.JPG

160921ハイティントン05.JPG
突端では釣りをする人が
160921ハイティントン06.JPG
エイの仲間かな? スティングレイだと言ってましたが、海に返してましたね

勿論この日も多くのサーファーが入水されとりました
160921ハイティントン04.JPG

会社のサーフィン仲間から「ハンティントンはショート波でローカルもキツイから良く状況見て入ったほうがイイよ」ってアドバイスされてたんですが、ライディング見てるうちに居ても立ってもいられずイザ入水^^;

ハングファイブの初ハンティントンサーフィン!160921ハイティントン09.JPG
160921ハイティントン08.JPG160921ハイティントン10.JPG
それからローカルさんも思いのほか親切で、近くで波待ちしてたその方は現在59歳で46歳からサーフィン始めたというので「スタートは私と同じですね」と言ったら「楽しんでゆけ」と笑って、それから私がカメラを意識してビア方向に向かってライドしているのを「時々大きなのが来ると柱にぶつかって大怪我することがあるから気をつけた方がイイ」とか「シャワーは北サイドにあるヤツの方が便利だ」とか色々教えてくれました。 結局約2時間レギュラーの大きなセットもメーク出来てとても楽しいひとときを過ごすこと出来ました^^

ハンティントンでもFATなアイスクリームをゲット160921ハイティントン12.JPG
大きなビスケットにマーブルチョコがトピングされてて、中のアイスは予想通り頭痛しそうな甘さでしたよ

オマケ

ハンティントンの次の日(21日)アナハイムからLAのホテルへの移動ということで時間がハッキリせず予定組んでなかったんですが、移動先のホテル(ミヤコホテル)の近所に野球場があるということで急遽訪問

歩いて15分ほどの所にメトロの「ユニオン駅」というのが有り、ココから無料のシャトルバスが出てるとのことで行ってみることに
ユニオン駅
160921ドジャーズ100.JPG

そして球場に到着
160921ドジャーズ101.JPG

一番安いTOPデッキ席を、しかも当日窓口購入したのにこんな良い席がアサインされました^^160921ドジャーズ102.JPG
「野球なんてルールもよく知らないし、日本でも一度も来たことないのに」--と嫌がってた娘とカミサンも大喜び

ドジャーズ球場の一番の名物食が「ドジャーズドック」だということで早速購入
160921ドジャーズ103.JPG
しかしセブンイレブンを経験してたんでホットドッグには正直驚かなかったのですが、むしろこの「ガーリックフライ」の方にビックリ。 名前からしてガーリックスライスが揚げてあるものかと想像してたんですが、ナント、ポテトフライに生のニンニクのみじん切りがこれでもかってくらい、いっぱいかかってて、食べてるとしまいに舌が生ニンニクでしびれてくる感じww 160921ドジャーズ104.JPG

しかし何よりうれしかったのはナント何と、先発ピッチャーが偶然にもこの人!
160921ドジャーズ105.JPG
そう、マエケン!!

150kmの速球をビシバシ投げ込んでました^^160921ドジャーズ108.JPG
160921ドジャーズ107.JPG160921ドジャーズ106.JPG
観客も大盛り上がり、日本と違い1塁側がアウェイスタンドなんですが、ほぼ全員ドジャーズファンのみww
160921ドジャーズ109.JPG

始め制球苦しむも3回終わって8対2と楽勝ムード ダルと並ぶ日本新人最多記録戦を生観戦!
160921ドジャーズ111.JPG

バッティングでも第一打席にヒット打って得点揚げてたんですが、第二打席監督の指示はバント
160921ドジャーズ110.JPG
新監督は論理的で起用法に賛否両論あるみたいでしたが、野球は結果が全てだと思いますんで---

7回恒例の「セブンス・イニング・ストレッチ」で地元ファンと合唱、これやってみたかったんデス^^160921ドジャーズ112.JPG
後ろのJKカワイかったんでパチリ(けど酷いピンボケ)
160921ドジャーズ113.JPG
ってことで、入場料3人で78$(一人あたり$26)でこんなにも楽しめるMLB観戦でした

★本年度(4月~)のライディング日数 36回★

先週はカリフォルニアでサーフィンしとりました(Last week,I had been surfing in California)

今日は本来9月のビーチクリンだったんですが、参加出来ずm(_ _)m

というのも私先日まで一週間、ロサンゼルスへ旅行してて今朝は爆睡状態、なんで今日はそのカリフォルニアレポートをお送りします。 勿論サーフィン記事も書きますよ、でも先ずは旅行の概要から(Is a report of the California trip today)

今回もいわゆるパックツアーでの旅行、「カリフォルニアディズニー近くの格安ホテルに泊まって、付属の入場券でディズニー三昧を楽しんだ後、カリフォルニア市街の名所をめぐる」みたいなやつです^^;

先ずは飛行機の話から。 成田発のJALでしたが、エコノミーなのに結構広くて快適
160919ディズニー100.JPG
(コンデジ PS S110)
実は昔、仕事でサンフランシスコ行くのにアメリカのNW使ったんですが、狭いうえにサービス悪くて空港についたとき体調崩した経験あり、今回も大変ビビってたんですが、やっぱ日本の航空会社はサービスがイイと実感(あくまでも個人の感想デスww)

LAXから先ずはディズニーのあるアナハイムのホテル(アナハイム・プラザホテルアンドスイーツ)へ
160917ロス旅行19.JPG
ここはディズニーの真ん前にある、まぁタダのモーテルですね。 カミサンと末娘の三人旅なのでエクストラベッド入れるとこんな状態。このエクストラベッドはお世辞にもイイとは言えない。まぁモーテルなんで仕方ない話ですが3人分の正規料金払ってんだから----(2名とか4名で使うのが正解でしたね)

外観はこんな感じ。 昔大流行した歌にイーグルスの「ホテルカリフォルニア」ってのがあるんですが、そのジャケットの表紙を彷彿させる雰囲気
160917ロス旅行05.JPG

で肝心のディズニーですが、正直言って私殆ど興味なし。 私がサーフィン行ってる時にカミサンと娘の安全を確保する為の場所ってくらいにしか---ww

なおスケジュール自体は、初日夜ディズニー、2日目某有名ロングのポイントへのサーフツアー、3日目一応ディズニーツアー、4日目ハンティントンビーチへレンタカーで、5日目LA市街への移動日、6日サンタモニカ等ツアー、7日帰国という流れなんですが、そこは大雑把に上・中・下くらいに分けてレポートするつもりデス

さてさて、ではチョットだけディズニーの話160919ディズニー00.JPG
東京と較べて施設がどうのこうのというのは分かりませんが、一番感動したのはやっぱ出演者も観客も皆アメリカ人ということ、なので雰囲気が全く違って感じましたね

それからやっぱ空いてること
160919ディズニー03.JPG
私ですら一日で3大マウンテン含む10種類くらいのアトラクションを簡単に回れましたよ(娘に言わせるとスゴイことだそうです?)

それにしても食べ物はFATなもののオンパレードでしたね
160919ディズニー01.JPG
マカロン、デカすぎでしょ
160919ディズニー05.JPG
頭痛しそうなほど甘いしww
160919ディズニー06.JPG

いずれにせよウォルトディズニーさん、あなたはやっぱ偉かった「大人も子供も一緒に楽しめるテーマパークを創りたかった」という志は素晴らしい (まさかサーフィンへ行きたいお父さんまで救ってくれるとまでは--考えててなかったと思いますがww)160919ディズニー04.JPG

ではオマケで食べ物の話を
思ってた以上にアメリカはジャンクフードが安いし、ホントおいしい!

これセンブンイレブンのホットドッグですが、このボリュームでナントたったの2ドル(202円)
160917ロス旅行18.JPG

ドリンクは基本自分で入れる方式で1.5~2ドルくらい
160917ロス旅行21.JPG
コーヒーも色んな種類があり、現地人は勝手に試飲して、マイブレンド作ってましたよ!

ホットドッグも自分でトッピング入れ放題、なんでこれ一本で十分すぎるくらいお腹いっぱいになります
160917ロス旅行22.JPG

またホテルのすぐ近所にエビ食べさせる店があり、入りましたが
160917ロス旅行01.JPG
前菜で出てくるエビの量がハンパ無い。 小さなバケツみたいなのに入れてきてお皿にぶちまける方式

新鮮この上ないプリプリのエビだけでお腹いっぱいなんて贅沢!
160917ロス旅行03.JPG
しかも飲み物も頼んで一人3千円しないお値段でした
160917ロス旅行04.JPG
ココ、夕飯にお勧めデズ

9月 11日 波厳しいデス( It was severe conditions today)

今日は、TBSスポーツ見てからの10時前エントリー(Today I went to the morning 10 at sea)

しかし波は---- (But,Unfortunately It was small conditions today)
16091102.JPG
(EOS40D+シグマ18-250mmOS-HSM)
結構雨も降っていて人はまばら

16091100.JPG16091101.JPG
(EOS40D+シグマ18-250mmOS-HSM)

私は10'のハーバー SAN-O持参で来てたんで何とか練習にはなりましたが、大変厳しいコンデションでした
で、例によってほぼ最後の一人になるまで入っており、シーンなしm(_ _)m

昨日の方が良かったみたいですね、私、昨日は例によって「仕事ゴルフ」
今回は「富士屋ホテル仙石ゴルフコース」 (I enjoyed golf at the Fujiya Hotel Sengoku golf yesterday)

スタートホールから緩やかに打ち下ろして行き
160910富士屋仙石CC01.JPG160910富士屋仙石CC04.JPG
(コンデジ PS S110)
途中から今度は若干打ち上げながらクラブハウスへ戻ってゆく創りになっています

昨日のお客さんは元野球部だったとのことで、ドライバーの飛距離は300ヤードオーバーww
160910富士屋仙石CC03.JPG
(コンデジ PS S110)
ロングホール2オンはおろか、短いミドルホールはワンオンしそうでした^^;

このゴルフ場の特徴は、ホールの素晴らしさに加え、料理がまんま箱根富士屋ホテルのシェフによるものが供されるところ

これが、朝食
160910富士屋仙石CC00.JPG
そして昼食は、自慢のタンシチュー
160910富士屋仙石CC02.JPG
ゴルフ場のレストランなのに何と一般客も利用出来るようになっており、当日もお子様連れの家族が昼食に来店してました。 まぁ値段はソコソコするんで接待向きですね

ってことで、今日は天気も波もチョット残念だった平塚海岸デス
16091103.JPG
(EOS40D+シグマ18-250mmOS-HSM)

★本年度(4月~)のライディング日数 35回★

9月 4日 何とか出来てます( we'd been able to somehow surfing)

今朝はTBSスポーツゆっくり見てからの9時半頃エントリー(I, 9:30 around this morning, went into the sea)

西ウネリで堤防横(=生コン)が今日は人気のスポット!?
160904ビーチパーク00.JPG
160904ビーチパーク01.JPG
(EOS40D+シグマ18-250mmOS-HSM)

私は人殆どいないコート前に入水。 大きいのは皆ダンパーなんで、なるべく小ぶりで形のイイのを選んで何とかフェースに食らいついてライディングしとりました

160904ビーチパーク07.JPG160904ビーチパーク04.JPG160904ビーチパーク11.JPG
(EOS40D+シグマ18-250mmOS-HSM)

今日は「親方」が入って来られたんで暫くロングは2名のみでのセッション
160904ビーチパーク05.JPG
(EOS40D+シグマ18-250mmOS-HSM)
そこはサスガ「親方」 ダンパーを全く気にせずビシバシ突っ込んでおられましたww

11時くらいになるとコート前も少し人増えてきてましたかね
IMG_4976.JPG
(EOS40D+シグマ18-250mmOS-HSM)

そう言えば「親方」 先週一緒に入水した時、シェイプボードはしょっちゅうボッキリ折っちゃうんだと話されとりましたが----

今日の決定的シーン、「板飛ばし」ww
160904ビーチパーク09.JPG
(EOS40D+シグマ18-250mmOS-HSM)
勿論、親方はいつも周りに人いないこと確認してから突っ込んでおられますが、自分に当たってもタイヘンだし確かに板も痛めちゃいそう
160904ビーチパーク10.JPG
(EOS40D+シグマ18-250mmOS-HSM)

オマケ(P.S)

昨日は例によって「仕事ゴルフ」、前日懇親宴会までセットされてたんで、新横浜の会社から新幹線で小田原へ
160903箱根カントリー00.JPG
(コンデジ PS S110)
15時過ぎ頃の小田原駅、こんな時間に新横から小田原へ「こだま」で移動するヒマ人なんて----
小田原からは小田急箱根登山線で箱根湯本へ
160903箱根カントリー01.JPG
(コンデジ PS S110)

で今回のコースは、名門「箱根カントリー」(Was to play this time , the prestigious "Hakone Country"
160903箱根カントリー02.JPG
(コンデジ PS S110)
名門というだけあって、箱根の山の中にもかかわらず殆どフラット。 あちこちに湧き水が出てたり、お客も品のいい外国人の老紳士とかばっか、よく手入れされた素晴らしいコースでした
160903箱根カントリー03.JPG160903箱根カントリー04.JPG
(コンデジ PS S110)
基本カートが無いんで、全て歩きだったんで前夜3次会まで行っちゃった身体には少々キツかった

更にオマケ(Further P.S)

小田原駅でこんな本を発見、即ゲット(I got this book in bookstores of Odawara Station)
160904ビーチパーク12.JPG
「平塚本」地元の紹介本ですが、中身は何と「モッサン」や「U-SKE」さんらが、結構なページを割いて紹介されてましたよ(This was my friends is listed in the book that introduced me of local Hiratsuka)

★本年度(4月~)のライディング日数 34回★
メッセージを送る